社労士試験の基礎

社労士(社会保険労務士)の試験制度

更新日:

社労士(社会保険労務士)になるためには、国家試験に合格する必要があります。

ここでは、社労士(社会保険労務士)の試験制度について概要を説明します。

社労士(社会保険労務士)の試験

社労士の試験は、毎年8月に実施され1日のみの試験となります。受験資格が設定されていますが、高等専門学校、短大、大学を卒業された方であれば受験できるため、ほとんどの方は受験することができます。

試験 科目数 出題形式 開催時期
午前(80分) 7科目 選択式 毎年8月
午後(210分) 8科目 択一式 毎年8月

社労士(社会保険労務士)の試験科目

試験科目 択一式 計7科目(配点) 選択式 計8科目(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法 10問(10点) 1問(5点)
労働者災害補償保険法 10問(10点) 1問(5点)
雇用保険法 10問(10点) 1問(5点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 10問(10点) 1問(5点)
社会保険に関する一般常識 同上 1問(5点)
健康保険法 10問(10点) 1問(5点)
厚生年金保険法 10問(10点) 1問(5点)
国民年金法 10問(10点) 1問(5点)

選択式

試験時間:80分
文章中の5つの空欄に当てはまる語句および文章を20の選択肢から選ぶ(=選択式)試験です。

択一式

試験時間:210分
5つの文章の中から1つを選ぶ(=択一)試験です。労働科目、社会科目から各35問、計70問出題されます。

合格基準

合格基準点は、選択式試験及び択一式試験のそれぞれの総得点と、それぞれの科目ごとに定めます。各成績のいずれかが合格基準点に達しない場合は不合格となります(合格基準点は、合格発表日に公表されます。)。

受験資格

以下(1)~(3)のいずれかを満たす必要があります。

  1. 学歴について(大学・短大、専門学校を卒業・修了していること等)
  2. 実務経験(法人・地方公共団体といった組織の役員または従業員として3年以上従事していること等)
  3. その他の国家試験合格(司法書士、その他厚生労働大臣が認めた国家試験に合格していること等)

受験料

9,000円

社労士(社会保険労務士)の合格率

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
H18 59,839 46,016 3,925 8.5%
H19 58,542 45,221 4,801 10.6%
H20 61,910 47,568 3,574 7.5%
H21 67,745 52,983 4,019 7.6%
H22 70,648 55,445 4,790 8.6%
H23 67,662 53,392 3,855 7.2%
H24 66,782 51,960 3,650 7.0%
H25 63,640 49,292 2,666 5.4%
H26 57,199 44,546 4,156 9.3%
H27 52,612 40,712 1,051 2.6%
H28 51,953 39,972 1,770 4.4%
H29 49,902 38,685 2,613 6.8%

公式社会保険労務士試験オフィシャルサイト

社労士(社会保険労務士)は難関国家資格のひとつです。

破格で受講できる通信講座

資格予備校=高い、という時代は終わりました。

今は、わたしの受験時代には考えらなかった安い費用で優良な講座を受講することができます。

わたしがおススメする通信講座を2つ紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

独学の方におすすめ

資格スクエアの代表取締役は弁護士!だから法律系資格に強い!とにかく効率的に勉強したい!という方に、スマホ・PC・タブレットで受講できる資格スクエアがおススメです。

わずか3年で会員数28,000人突破!無料講座もたくさんあるので上手く活用してみてください。

なんと合格率 21.37%!

社労士試験の合格率6.8%に対して、なんとフォーサイトの受講生は合格率21.37%

5人に1人以上は合格させる驚異的な結果を残している講座です!教育訓練給付制度の対象なので、給付金で授業料負担がグッと下がります。

-社労士試験の基礎

Copyright© 社労士の独学合格ドットコム , 2018 All Rights Reserved.