社労士試験の基礎

社労士(社会保険労務士)ってどんな資格?

更新日:

社労士は、社会保険労務士法に基づく国家資格です。

一言でいうのであれば、会社・組織における経営上の4大要素である「人・物・お金・情報」の中で一番重要な「人」に関するエキスパートとして存在するのが社労士(社会保険労務士)です。

社労士ってきいたことあるけど何をする人かよく分からない、社会保険労務士とはなに?を具体的かつ丁寧に説明します。

社労士(社会保険労務士)とは?

社会保険労務士(社労士)は、人事・労務管理の観点からの経営効率化の為の行動と改善策の提言をしていく仕事です。

いわば、会社・組織における経営上の4大要素である、「人・物・お金・情報」の中で一番重要な「人」に関するエキスパートとして存在するのが社労士です。

合格後に独立起業し開業社労士になる人もいれば、特定企業に雇用されながら企業には欠かせない総務部や人事部などの管理部門に求められる勤務社労士となる人がいます。

つまり独立開業する、キャリアアップを目指す、就職・転職する等、いずれの場合においても人事・総務などの管理部門において非常に大きな強みとなるスキルを養える資格です。

参考社会保険労務士の難易度

具体的には企業やそこで働く人々の雇用について、労働条件について、その他労働保険、社会保険についての指導や相談を行います。

さらには、少子・高齢化社会の到来で変革する医療保険や年金制度などへの相談にも応じます。

まさにこれからの時代、「人」に関する諸問題が多く起こるであろう会社・組織にとって、社労士は無くてはならい存在になりつつあります。

社労士(社会保険労務士)の業務とは?

社労士のことをまだあまり知らない方は、ピンとこないかもしれませんが、社労士の一般的な業務を挙げると次のようなものがあります。

  • 労働社会保険諸法令に基づく申請書等及び帳簿書類の作成
  • 申請書等の提出代行
  • 申請等についての事務代理
  • 都道府県労働局及び都道府県労働委員会における個別労働関係紛争のあっせん手続の代理
  • 都道府県労働局における男女雇用機会均等法、パート労働法及び育児・介護休業法の調停の手続の代理
  • 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続における当事者の代理
  • 労務管理その他の労働及び社会保険に関する事項についての相談及び指導
  • ※(紛争価額が120万円を超える事件は弁護士との共同受任が必要)

社労士(社会保険労務士)の役割とは?

複雑化する一方の雇用問題に対応する労務分野の専門家となります。労働関連の法令や社会保障に関する法令に基づき、書類作成をしたり、労務管理や社会保険に関する指導を行う職業とされています。

たとえば、労働者がより良い労働条件の下で働けるように保護する労働基準法、労働者に健康障害が発生した場合の生活を保障する健康保険法、労働者の失業防止と失業した場合の生活を保障する雇用保険法、、

その他、国民年金法、厚生年金保険法、労働者災害補償保険法、労働安全衛生法といった法令を遵守するためのエキスパートといえるでしょう。

社労士(社会保険労務士)になるためには?

社労士になる為には、国家試験である「社会保険労務士試験」に合格する必要があります。

また、社労士の試験にはいくつかの受験制限があることも特徴です。

具体的には、(1)学歴について(大学・短大、専門学校を卒業・修了していること等)、(2)実務経験(法人・地方公共団体といった組織の役員または従業員として3年以上従事していること等)、(3)「その他の国家試験合格」(司法書士、その他厚生労働大臣が認めた国家試験に合格していること等)といった、(1)~(3)のいずれかを満たす必要があります。

更には、試験の合格率は例年10%前後となっており、きちんとした対策・準備をしていないと合格はかなり難しいでしょう。また、試験合格後も2年以上の実務経験と講習の受講が必要となります。

詳しくは、社会保険労務士の試験制度 の記事に書いていますので、よろしければご覧ください。

 

破格で受講できる通信講座

資格予備校=高い、という時代は終わりました。

今は、わたしの受験時代には考えらなかった安い費用で優良な講座を受講することができます。

わたしがおススメする通信講座を2つ紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

独学の方におすすめ

資格スクエアの代表取締役は弁護士!だから法律系資格に強い!とにかく効率的に勉強したい!という方に、スマホ・PC・タブレットで受講できる資格スクエアがおススメです。

わずか3年で会員数28,000人突破!無料講座もたくさんあるので上手く活用してみてください。

なんと合格率 21.37%!

社労士試験の合格率6.8%に対して、なんとフォーサイトの受講生は合格率21.37%

5人に1人以上は合格させる驚異的な結果を残している講座です!教育訓練給付制度の対象なので、給付金で授業料負担がグッと下がります。

-社労士試験の基礎

Copyright© 社労士の独学合格ドットコム , 2018 All Rights Reserved.