社会保険に関する一般常識

平成29年過去問・選択式・問5・社会保険に関する一般常識

投稿日:

次の文中の【   】の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 国民健康保険法第1条では、「この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もつて【 A 】に寄与することを目的とする。」としており、同法第2条では、「国民健康保険は、【 B 】に関して必要な保険給付を行うものとする。」と規定している。

2 介護保険法第4条第1項では、「国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して【 C 】とともに、要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努めるものとする。」と規定している。

3 児童手当の一般受給資格者(公務員である者を除く。)は、児童手当の支給を受けようとするときは、その受給資格及び児童手当の額について、内閣府令で定めるところにより、【 D 】の認定を受けなければならない。児童手当は、毎年【 E 】に、それぞれの前月までの分を支払う。ただし、前支払期月に支払うべきであった児童手当又は支給すべき事由が消滅した場合におけるその期の児童手当は、その支払期月でない月であっても、支払うものとする。なお、本問において一般受給資格者は、法人でないものとする。

選択肢

  1. 1月、4月、7月及び10月の4期
  2. 2月、6月及び10月の3期
  3. 3月、6月、9月及び12月の4期
  4. 4月、8月及び12月の3期
  5. 医療の質の向上
  6. 健全な国民生活の維持及び向上
  7. 厚生労働大臣
  8. 国民の疾病、負傷、出産又は死亡
  9. 国民の生活の安定と福祉の向上
  10. 社会保障及び国民保健の向上
  11. 住所地の市町村長(特別区の区長を含む。)
  12. 住み慣れた地域で必要な援助を受ける
  13. その有する能力に応じ自立した日常生活を営む
  14. 常に健康の保持増進に努める
  15. 都道府県知事
  16. 内閣総理大臣
  17. 被保険者及び組合員の疾病、負傷又は死亡
  18. 被保険者の業務災害以外の疾病、負傷、出産又は死亡
  19. 被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡
  20. 要介護状態等の軽減又は悪化の防止に努める

 

正答

A:⑩社会保障及び国民保健の向上
B:⑲被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡
C:⑭常に健康の保持増進に努める
D:⑪住所地の市町村長(特別区の区長を含む。)
E:②2月、6月及び10月の3期

さらに詳しく

破格で受講できる通信講座

資格予備校=高い、という時代は終わりました。

今は、わたしの受験時代には考えらなかった安い費用で優良な講座を受講することができます。

わたしがおススメする通信講座を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

なんと合格率 21.37%!

社労士試験の合格率6.8%に対して、なんとフォーサイトの受講生は合格率21.37%

5人に1人以上は合格させる驚異的な結果を残している講座です!教育訓練給付制度の対象なので、給付金で授業料負担がグッと下がります。

注目の記事

1

フォーサイトの社労士講座を受講している人の合格率が異常に高いのはどうしてだろう? 純粋に気になり、フォーサイト社に社労士講座で使われている教材をレビューしたいと思います。 フォーサイトの評判が気になっ ...

2

社労士試験の合格率が高いと評判のフォーサイトが気になっている方も多いと思います。 この記事では、フォーサイトの基礎講座の教材の中身を写真付きで、良いところ悪いところを平等にお伝えしたいと思います。 テ ...

3

社労士試験の合格率が高いと評判のフォーサイトが気になっている方も多いと思います。 この記事では、フォーサイトの過去問講座の教材の中身を写真付きで、良いところ悪いところを平等にお伝えしたいと思います。 ...

-社会保険に関する一般常識

Copyright© 社労士の独学合格ドットコム , 2019 All Rights Reserved.